-❤-DECO.フェルト刺しゅう-❤- NEEDLE FELT EMBROIDERY
http://yomoshisyu.blog77.fc2.com/
 

†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†

2014年11月13日
ブティック社より
『羊毛刺しゅうの図案集』発売
2015年 フランス語版発売

2013年9月5日
クロバー㈱より
mini book
『大人かわいい羊毛刺しゅう』発売

【カルチャー教室のご案内】

ヴォーグ学園東京校(午前・午後)
ヴォーグ学園横浜校
ヨークカルチャー大船
お問い合わせは各教室へ

†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†

【次回のお教室】

目黒:GEOGR11PHICA教室
2016年1月23日(土)
13時半~15時半
お申込みはメールフォームへ

自宅教室
メールフォームより
お問い合わせ下さい

†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†

【イベントのご案内】

次のお知らせをお待ちください
†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†*†





 
 

TOYOKA

Author:TOYOKA
羊毛を使った刺しゅう・
クラフトが得意
羊毛刺しゅうにおいては、
ぷっくりとレリーフ感を
持たせた独自の技法を考案。
色々な素材、技法を組み合わせながら作る、北欧、東欧テイストを
盛り込んだ大人可愛い作品が持味。

2011年1月
『すてきにハンドメイド』出演
洋風貝の口小物入れ
2012年1月 
『すてきにハンドメイド』出演
レトロでかわいいフェルトの文化人形

2011年 
横浜にて個展開催
新宿高島屋へ出展
銀座ギャラリーへ出展

2012年 
目黒にて個展
日野ギャラリー大屋・二人展
平塚ギャラリー・グループ展
大森ギャラリー出展
神楽坂・三人展

2013年
cafe slow グループ展
神楽坂temame グループ展

2015年 
阪急うめだ本店『セッセ・コンテンポラリー刺しゅう展』
『今日だけ、こどもパーク!』

作品掲載本
「すてきにハンドメイド」
テキスト(NHK出版)
「羊毛刺しゅうの図案集」
「コットンフレンド」
「大人のかんたんソーイング」
(ブティック社)
「ステッチidees」
「縫う*クードル」
(日本ヴォーグ社)
「秋冬かんたんソーイングミセス版」
(実業の日本社)
「イチバン親切な刺しゅうの教科書」
(新星出版社)

タイトル通りユルユルと
好きな物や作品をご紹介します

《好きなもの》
民族衣装
伝統柄
からくさ模様
マトリョーシカ
aiken drum

鎌倉市在住

お仕事のご依頼
お教室の問い合わせは
下のメールフォームから
お願いします

質問、応援も大歓迎です^^

 
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 

 

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


 

QR

 

この人とブロともになる

 

 
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

2010.12.28(Tue) 19:18
羊毛刺しゅうを始めたきっかけは、他でもない・・・
羊毛クラフトをチクチクと作っていたのが始まり^^
始めた頃は大好きなマトリョーシカちゃんばかり作っていた

そのうち、これを平面に落とすとどんな感じになるのかな?
細かい場所はどんな風に刺せばキレイになるかな?
色んな事を考えて、色んな事にチャレンジしてみた
初めはヘタクソで、布に刺してもペタンコで、ブサイクで(笑)
オマケに針でつついた跡だらけ、それでも、好きこそものの上手なれ!
いつの間にか、ぷっくりと可愛く刺せるようになっていた

それからはもぅ、楽しくて、楽しくて ^^
原毛と刺しゅう糸を組み合わせてみたり、ビーズを使ってみたり♪
そうすると一気に世界が広がり、沢山の形を表現できるようになった

次に楽しいのはモチーフ探し!
白糸刺しゅうの美しさに憧れて、アルファベットのサンプラーを刺したり
自分でイラストを描いて、雑貨に仕立てたり

そして、運命的な出会い!
イーラーショシュの伝統柄が刺しゅうされたピローカバー!

『コレ!コレ!会いたかった~!!!探してたのょ~!』

と、一目ぼれ!
だけど、手に入れたくてもピロカバーはどのショップでもSoldOut・・・
真似して図案を作ってみても何だかぱっとしない ( -.-) =зフウー

そこにタイミング良く、コチラ→『ICIRI・PICIRIの小さな窓』で
ピロカバーが出品されているのを見つけ、考える暇もなく購入決定!
1点ものだったので、手に入れられたのは本当にラッキーだったと思う

その次には何と、図案もショップに並んでいたっ!
注文して届いたその日に刺しゅうに取り掛かり
それが今回の作品展のDM画像に(*・・*)


羊毛刺しゅうという技法のルーツを探せばどこかにあるのかもしれない
でも、私の場合は好きな物を作っている過程で辿り着いた技法のひとつ 
本や資料から探して来て真似たものではなく
ただただ好きな物を追求していたら出来ていた宝物。*:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。



イーラーショシュはtulipanさんによれば、
その昔はウールの刺しゅう糸で刺されていたのだとか
何となく羊毛つながりで嬉しい ^^
原毛をそのまま刺す技法もあったのじゃないかしら・・・

いつか、ルーマニアを訪ねてみたい
手しごとの素晴らしさを肌で感じてみたいな

スポンサーサイト
 

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 ユルリ, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。